住宅ローン おすすめ 銀行

住宅ローンの審査が有利になる条件とは?

住宅ローンの審査を受ける時は、別のローンの返済中よりは、ローンの返済後のほうがいいのでしょうか?

 

画像1

新居を購入し、住宅ローンの返済に毎月お金を使うことと、アパート生活を続けて毎月家賃を払うこと、結果的にはどちらがお得なのかを考えてしまう人はいます。

 

金利がマイナスに突入していることもあり、住宅ローンの金利が低い今のうちに、新しく家を買ってローンを組むべきではないかという人もいるようです。

 

住宅ローンを組む場合、当然その為の審査を受けることになりますが、申し込み時の審査を少しでも有利にするには現在の借り入れを全て返済し、信用情報を綺麗にしてから申込みを行うことをおすすめします。

 

信用情報会社に照会をすることで、銀行は金融サービスの利用履歴を確認できます。

 

返済中ローンなどがあればすぐに把握されます。住宅ローンは大口の融資を受けることになりますので、できるだけ他社からの借り入れのない状態にしましょう。

 

ただし、利用しているカードローンの銀行が、これから申し込む住宅ローンの銀行と同じなら、審査に支障がないこともあります。

 

銀行サイドからすれば、金融機関のカードローンなら保証会社の保証があるので、住宅ローンの融資に支障になることがないと考えます。

 

むしろ、今まで借りたお金をしっかりと返済できている人であれば、返済能力の高い顧客として評価されることもあります。

 

カードローンの方にも、住宅ローンの利用者は金利が優遇されるというサービスが多く、信用金庫や銀行のカードローンを利用している場合には、なるべく同じ金融機関の住宅ローンを利用することをおすすめします。

 

ノンバンクからのキャッシングを使っている人は、一度全額返済し終わってから、住宅ローンの審査を受けるようにしましょう。

 

住宅ローンの審査に通るかどうかは重要な問題になりますので、ちょっと大変でも完済してしまってからのほうがおすすめです。

住宅ローンの審査とキャッシングの利用

もしも、別のローンの返済が終わっていないうちに、住宅ローンの審査を受けると、マイナス評価になるでしょうか?

 

画像2

住宅ローンの審査は、あらゆることから判断される審査になります。

 

完済していないローンがあれば全額返してしまうことが、新規のローンを申し込む時には大事です。

 

借り入れ中のキャッシングやローンがあると、審査では不利になることがあります。

 

新規の住宅ローンを希望する時には、他社の借り入れ履歴があることは、審査でマイナス評価されることはないようです。

 

かつて、金融会社のキャッシングを利用したことがあるから、今、住宅ローンが借りづらくなるのではと懸念する人もいるようですが、審査の判断と、過去のキャッシング履歴は直接関わりはありません。

 

マイカーローンや、フリーキャッシングを使った時に、決まった日に返済ができなかったという人がいます。

 

長期の延滞や、返済不能状態になったことがある人は、審査で不利になります。

 

しかし、滞納や延滞などなくきちんと返済していた場合には、特にマイナスに働く事はありません。

 

金融会社によっては、借りたお金をきちんと返済できている人は、返済実績があるものとして、審査で有利になります。

 

住宅ローンの申し込みをするに当たっては、過去にキャッシングを使った事実は不利なものにはなりません。

 

住宅ローンの審査の際には、他社からの借り入れがまだある人は信用能力が低いという判断になることがあるので、借り入れ中のお金があるなら、返済してしまうことをおすすめします。

 

住宅ローンを選ぶ時に、銀行系金融機関を希望するなら、まずは利用中のキャッシングやローンを全て返済してしまい、借金のない状態になってからの申し込みがおすすめです。

住宅ローンの審査になかなか通らない人とは?

自宅を購入する場合、多くの人は住宅ローンを組んで、お金を借り入れした上で購入することになります。

 

しかし、この住宅ローンの審査に、なかなか通らないという人も中にはいます。

 

画像3

審査の基準は金融会社によって違っていますが、どの金融会社でも断られる理由に、ブラックリストがあります。

 

ブラックリストという言い回しは比喩的なもので、かつてキャッシングの返済を大幅に伸ばしたことがある人などを表現しています。

 

過去に、ローンを組んだり、クレジットカードを使った際に、期日までの返済をきちんとできなかった人の呼称です。

 

お金を返しきれず、債務整理の手続きをした人もブラックリスト扱いです。

 

通常は5年、自己破産をした場合は、銀行系の信用情報には10年間登録されるようになっています。

 

信用情報機関に登録されていると、まず住宅ローンの審査には通らないと考えておきましょう。

 

また、消費者金融会社に対して、限度額いっぱいの融資を受けている人が、住宅ローンの審査を受けても、まず通ることはありません。

 

住宅ローンの審査に不利になる人として、派遣社員など収入が安定しないような人も含まれます。現在の会社に長く勤めている人や、収入が安定している人に、銀行は融資を積極的に行っています。

 

住宅ローンの融資を行う側からすれば、貸したお金を毎月しっかりと返済してくれる人であることが、住宅ローンの審査でOKが出るかの境目といえます。

住宅ローンを組むときに重要視される担保とは?

家を購入する際には金額が高くなるので、多くの方は一括で支払うことは難しいかと思います。

 

画像4

資金面の問題はないという人や、低価格で購入可能な家を見つけたという場合もありますが、何もなければおすすめの住宅ローン資金を融資してもらうようです。

 

担保は、住宅ローンを使う時に必須ともいえるものです。

 

返済不能状態になった時などのために、売却して返済資金に充当しても構わないものを設定しておくというものです。

 

住宅ローンの返済が滞った時に備えて担保を用意しておくのですが、物的担保か、人的担保のどちらかを使うことになっています。

 

人的担保とは、自分にローンの返済能力がなくなった場合は、担保になってくれた人が返済を代わりに行うというものです。

 

この人的担保は連帯保証人と呼ばれており、返済の責任を負うものであるため、家族や親族になってもらうケースが多いようです。

 

物的保証は、いざという時に売却して返済に充てられる試算です。

 

物的担保として、かつては国債や株券が使われることもありましたが、最近では不動産担保が多いといいます。

 

高額融資を受けたいという人や、完済まで時間がかかるけれど、今、借りたいという人には、担保を入れてお金を借りるという方法が一般的です。

 

小口のローンの中には担保がいらないものも多いですが、住宅ローンの利用は人生の一大イベントですから、担保を入れ低金利で借りたいものです。

 

おすすめの銀行では、住宅ローンの手続きには担保としての土地や建物を求めて来ますので、用意しておくといいでしょう。